ピンクゼリー 産み分け

ピンクゼリーについて。。産み分け可能な病院と、その方法

投稿日:

産み分け可能な病院ではパーコール法と呼ばれている不妊治療でよく使われる方法を用いて産み分けができるようになっています。

パーコール法とは精子をパーコールという特殊な液体に入れて遠心分離機にかけて精子を分別し、分別したX精子だけを取り出して受精させるという方法です。

東京等一部の地域では産み分け専用施設と認められた研究会に所属している施設が存在しており、これらの施設で治療を行う事で産み分けが可能になっています。
成功の確率も国内の設備と技術であれば70パーセント以上という統計がでており、希望通りのお子さんを産めるようになっています。

パーコール法を採用している病院の中には院長が雑誌やテレビ等のメディア出演をしている方が存在している病院もあるので、出産のサポートをお願いする場所を選択する時の基準として考えておく事をお勧めします。
ただし医療機関で生まれてくる性別を選ぶ治療を行うには、治療方法の多くに保険が適用されない事を留意しなければなりません。

また血液検査やホルモン量の計測等を定期的に行う事も多く、一回当たりの診察は3000円から7000円と低価格に設定されていますが診察を受けた分だけ高額になっていくのでこの点も留意するようにしてください。
一番低料金でお子さんの性別を選べる方法としてパーコール法の他に専用のゼリーを使用するという方法があります。

病院によっては販売メーカーからゼリーの買取を行っているため、診察を受ける時に聞いてみるのも一つの方法です。
ゼリーは1箱当たり1万円から2万円程の価格帯に推移しており、男の子を産みたい場合と女の子を産みたい場合とで使用するゼリーが違うので医師に相談した上で産みたい性別に合わせたゼリーをセックス前に使用するようにしましょう。

男の子を産みたい場合は膣をアルカリ性に保ち、Y染色体の精子が有利に働くようにする事で男の子を産む確率があがるようになり女の子を産みたい場合は膣内を酸性に保ちX染色体の精子が有利に働くようにします。
ゼリーは容器に封入されており、キャップを外し容器の先端を膣内に挿入して注射のようにピストンを押す事でゼリーが注入できるような仕組みになっています。

ゼリーの使用は1回の使用で1本という仕様になっており、それ以上使用しても効果が変わる事はありませんし1本のゼリーを2回以上に渡り使用しても衛生的にもよくないので安全に希望の性別のお子さんを産むためにも使用方法を守るようにしてください。

病院以外でも、今では下記のように、安心して使えるピンクゼリーがネット通販でも簡単に手に入ります。。
ピンクゼリー(女の子が欲しい方)は、ぜひ、確認してみてくださいね。。

ジュンビー ピンクゼリー公式HP >>http://pink-jelly.jp/

-ピンクゼリー, 産み分け
-, ,

Copyright© ピンクゼリー購入前にチェックしたいポイント , 2017 AllRights Reserved.