ピンクゼリーの購入についての注意点とは? (値段、通販、成分情報)

ピンクゼリー ピンクゼリー ジュンビー

ピンクゼリーに副作用の心配は?

投稿日:

ピンクゼリーに副作用の心配はないのでしょうか?
デリケートなことに使用するものなので気になるところです。

現在のところ、ピンクゼリーの副作用は報告されていないようです。

ジュンビーのピンクゼリーは、原材料には天然成分など徹底的にこだわり納得の品質でつくられています。
また、使い切りタイプなので衛生的で、容器の素材や形状にもこだわり、使いやすく成分が劣化しづらくなっています。

ピンクゼリーを使うベビ待ち女性にも、産まれてくる赤ちゃんにも優しい品質となっています。

ここで、ピンクゼリーの成分をご紹介します。

☆精製水=主成分。身体に優しい無色透明・無味無臭の純水な水で、蒸留とろ過といった手法で作られている。


☆グリセリン=保湿力アップ。化粧品や軟膏などに使われている無色透明の液体。人間の体内に存在している成分。


☆ヒドロキシエチルセルロース=粘性アップ。液体に粘性をつける目的でさまざまな分野で使われている。植物から抽出した天然食物繊維から作られる。


☆乳酸=膣内環境のサポート成分。


☆クエン酸ナトリウム=pH値調整。乳製品や清涼飲料水の酸味の調整など、広く利用されている。保湿目的で化粧品にも使われている。


☆パラオキシ安息香酸メチル=品質安定。食品や化粧品の防腐剤として使われることが多い成分。


☆エデト酸ニナトリウム=化粧水や乳液といったスキンケア用品をはじめ、クレンジングやマスカラなど、幅広く使われている、品質を安定させる成分。


☆ヒアルロン酸ナトリウム=保湿力アップ。ヒアルロン酸は1gで6,000gの水を保持することができるほど保湿に優れている。

ピンクゼリーの成分から、副作用につながるような成分は配合されていないことがわかります。



ジュンビー ピンクゼリー公式HP >>http://pink-jelly.jp/

-ピンクゼリー, ピンクゼリー ジュンビー
-, ,

Copyright© ピンクゼリー購入前にチェックしたいポイント , 2020 AllRights Reserved.